読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑と暮らそう。

野菜づくり初心者さんのための畑づくり情報室。

その土で野菜は育つ?〜目にうつる全ての雑草はメッセージ♪〜

f:id:notefarm-kagoshima:20170214115922j:plain


こんにちは、そーやんです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

前回の記事についてはカテゴリー『超初心者のための野菜づくり入門』でお探しください。

 
今回のテーマは「あなたの畑は今どんな状態?畑のセルフチェック!」の続編。

⑴光の流れ、⑵風の流れ、⑶水の流れ、⑷土の状態をお伝えしましたが、

今回は 最後の⑸植生(どんな草が生えているか)です。

 

雑草についてはあまりにも誤解が多く、

かつ畑作りにとても重要な要素なので、2〜3回に分けて説明します。

 

 

そこにどんな雑草が生えているかを調べると、

その土がどんな状態なのか分かります。

 

 

例えば

 

○地力がどれくらいのレベルにあるのか。

○なんの栄養素が少ないのか

○乾燥しているか湿気ているか

○水はけが良いか悪いか

○土が硬いか柔らかいか

○土のバランスが良いか悪いか(ミネラル・微生物)

○Ph(酸性かアルカリ性か)

など、

 

本当にたくさんのことがわかります。

 

 

今までチェック項目として

光、風、水、土の説明をしてきましたが、

ある意味この植生を見れば他のことも

だいたいわかるというくらいです。

 

普通、畑に雑草が生えていたら気にせず

抜きまくったり、耕したりする方が多いと思いますが、

実はこれだけたくさんの情報を伝えてくれています。

 

 

 

なぜこういうことがわかるのか。

 

野菜にそれぞれ育ちやすい環境があるように、

雑草にも生えやすい環境というのがあります。

 

ですからなんの雑草が生えてるかを見れば、

その土がどういう環境にあるかが逆にわかるのです。

 

 

 

f:id:notefarm-kagoshima:20170409182216j:plain

 

例えばスギナ。

これはツクシと同じ植物ですね。

 

地下茎という地下に茎をたくさん伸ばして、増える植物です。

この茎は分断されても、それぞれ別の個体として生きていくほど生命力が強いです。

 

そのため農家さんに嫌われる雑草の一つです。

耕してもバラバラにされたそれぞれから、またわんさか生えてくるからです。

 

そして有名な話としてスギナは酸性の土壌を好みます。

ですからスギナが生えている畑は酸性であることがすぐにわかります。

 

土が酸性になりやすいということは、

土の中の腐植物質が少ないということでもあり、

地力が低く、野菜が育ちにくい畑であるということがわかります。

 

 

ですからスギナが生えている畑では一般的な方法として、

根こそぎスギナを取り除き、耕して、

石灰などのアルカリ性の物質を撒いて、中和させる。

という方法を取られることが多いです。

 

 

f:id:notefarm-kagoshima:20160402212352j:plain

 

しかし、

 

せっかくこの記事を読んでいらっしゃるみなさんには、

もう一段階深いところを知っていただきたい。

 

初心者の皆さんには少し難しい話かもしれませんが、

これだけは頭の片隅に置いておいてください。

 

 

それは雑草にはそれぞれ「役割」があるということです。

 

なんのための役割かというと、

土の生態系を豊かにするための役割です。

詳しいことは次回説明します。

 

 

例えば、スギナの場合、役割は主に2つあるのではないかと思っています。

 

①根を深く素早く張り巡らし、土を柔らかくしたり、土壌生物が生きやすい環境を開拓していく。

②カルシウム、マグネシウムといったアルカリ性のミネラルを自身に蓄え、土に還元し、中和していく。

 

という2つです。

スギナは実はそこに生きていることで、

①土を柔らかくする

②土を中和する

という、私たちが人為的にわざわざ行なっていることを

すでに行なっているということです。

 

しかもよりハイレベルな形によってそれを行なっています。

なぜなら耕したり、石灰を撒いてもそれは対処療法でしかなく、

また土は硬くなり、酸性に傾いていくので、

繰り返し同じことをしなければなりませんが、

 

スギナが生え、その役割が全うされた時は、

根本的にその土の構造を変えてしまうので、

もう土は硬くならず、酸性になりにくい状態にしているのです。

 

そして、その役割を終えると、

スギナはだんだんと生えなくなり、

植生はシフトして生き、別な雑草が生えるようになります。

 

この雑草の役割を知っていると、

本当はその土に何が必要か、

根本的にどう変えていく必要があるのかということが見えてきます。

 

次回は具体的なチェック方法の説明をしようかなと思います。

 

 

 

**********************

より詳しく知りたい方、学びたい方は、

ぜひ、のおとファームで行われる講習、ワークショップ、イベントなどにご参加ください。

 

◯最新スケジュール

最新スケジュール(27/4/1更新) - 畑と暮らそう。

 

◯暮らしの畑屋のおとHP

【暮らしの畑屋 のおと】:鹿児島での農的な暮らしを体験し、学ぶ様々な企画をしています。

 

お待ちしております!

**********************