読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの畑屋のおと〜自然と人が仲良く暮らすための畑づくり〜

自然と人が仲良く・調和して暮らすための生きた知恵・技術・情報を追求していきます。

畑に水やりはしない方がよいって知ってましたか?:常識の奥にある本当の畑の面白さ

季節の野良仕事 自然農のこと

f:id:notefarm-kagoshima:20160329075439j:plain


畑に来られる方が、最も驚くことのひとつに「できるだけ水やりはしないほうがよい」ということがあります。

子供が読む絵本とか見ても、種まきと水やりはセットのものとして書かれていますが、実はそうではありません。

 

プランターやポットなど、土の量が少ない条件では水遣りは必要になりますが、外の畑で行う場合は水をわざわざやらなくても、種は雨が降るまで待てます。

 

ここで水遣りをしてしまうと、根を遠くまで伸ばさなくなり、常に周囲に水がないと生きられない弱い苗になってしまいます。

なので一度水やりしてしまうことが、水やりの必要性を生んでしまうという連鎖が起こるのです。

 

別にこれは自然農に限った話ではなく、どんな育て方でも同じです。

ただ自然農の畑では刈った草を敷いていて、夜露も降りやすく、土が乾きにくいのでより水遣りが必要ないとは言えます。

 

例外として、苗を植えるときは、種と違い、葉っぱから常に水分が抜けていくので、きちんとそこの土に根付くまでは水分がないと持たないので、天気しだいですが基本は水遣りが必要です。

また夏場に1ヶ月とか雨が降らないと、作物によっては水遣りが必要になる場合もあるかもしれませんが、一回中途半端にやってしまうとまたすぐ水を欲しがるようになるということは覚えておいたほうが良いかとおもいます。

 

f:id:notefarm-kagoshima:20160406063942j:plain

 

一度水遣りをやってしまったことで、さらに水遣りが必要になってしまうというようなことが実は、「肥料を与える」や「農薬を使う」、「耕す」というようなことにおいても同じようなことが起こっています。

 

別に僕は「肥料を与える」「農薬を使う」「耕す」ということが悪いとは決して思いません。

ただそれが全てとは思って欲しくないし、そういった今では当たり前になっている資材や技術にあえて頼らないことで、見えてくる世界がたくさんあって、そこを知ってほしいなあと思っています。

 

今の時代はほんとに便利な資材や薬剤、肥料がたくさん売られていて、ネットから情報を拾ってきて、それらを使えば簡単にそれなりに綺麗に野菜が作れます。

しかし、それでは私たち自身はそれ以上成長することなく、自然への理解や知恵が育まれないままで終わってしまいます。

 

畑の本当に面白い部分はそこから先なんです。

そこから先が面白いし、深いし、感動するし、安心するし、心地よいし、いっぱい学ぶことがあって、自分自身の感覚がどんどん磨かれていくんです。

 

ただそこの壁を超えるには「先入観」や「常識」にとらわれず、自然と向き合うことが必要になります。

そして自然と向き合うということは、実は自分と向き合うということとつながっています。

自分と向き合うというのは、けっこう辛いこともあります。

でもそこにきちんと向き合ってこそ、本当に成長していけるんだとおもいます。

 

自然農のやり方では、ほんとうにシンプルに「自然」と「人」の力だけで畑を作っていきます。

シンプルなだけにそれぞれの「自然」と「人」のポテンシャルを最大限に引き出し、お互いの関係性を育んでていくことがとても大切です。

あえて使えるものが制限されることで、むしろそこからどんどん深くて広くシンプルで複雑な世界が広がっていきます。

f:id:notefarm-kagoshima:20160402212352j:plain

それは自然と人が「競争」するのではなく、「共創」することで創り上げられていく世界です。

 

この関係を育んでいくのは、ぜんぜん難しいことなんかじゃないです。

みんな誰でも自然の中にいたら、「気持ちいい」「心地よい」って感じますよね。

実は、そこでもうコミュニケーションが始まっています。

その感覚に従っていったらいいんです。

 

詳しくはまた別な記事にかきます!