読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの畑屋のおと〜自然と人が仲良く暮らすための畑づくり〜

自然と人が仲良く・調和して暮らすための生きた知恵・技術・情報を追求していきます。

皆さまのお力をお貸しください!【クラウドファンディング募集中】

f:id:notefarm-kagoshima:20161125130140j:plain

 

うちの両親がこの川上の地で有機農業を初めて30年くらい経ちます。
最初は超変人扱いだったようですが、今では鹿児島市内で一番の米農家となり、鹿児島で一番大きいスーパーと連携して野菜販売や食農教育、伝統野菜の復興を行い、年間10団体以上の学校、企業などがうちの田んぼにお米作り体験に来ています。
一代でこれらを成し遂げた両親はめちゃくちゃ尊敬しています。
 
でも僕は直接農家としては後を継ぐことはしません。
両親もそこは理解してくれています。
 
 
僕が成し遂げたいのは、直接みんなが自然と日常的に触れ合えるような、畑のある暮らしを当たり前にしたいということ。
僕が小さいころから当たり前にあった環境であり、今もこうして畑をしたいと思った時に好きにできる環境をもっと当たり前にしていきたいと思っています。
 
ですから両親は野菜やお米を販売していましたが、僕が提案・提供しているのは、「技術や知識、環境」であり、「ライフスタイル」でもあります。
 
いずれは人の住む場所と自然が溢れる場所という垣根をなくして、より社会そのものを生き生きとみずみずしいものにしていきたいと思っています。
それが人にとっても、あらゆる生き物にとっても幸せなことだと思うから。
 

f:id:notefarm-kagoshima:20160805161448j:plain

 

 

【のおとファームの施設を暮らしの畑を広める拠点に!】
まずは今までやってきた畑の寺子屋やワークショップなどをしてきた「のおとファーム」を、世界に「暮らしの畑」を広めていくための雛形にしたいと思っています。
 
そのために今回は皆様からも資金を集めて、より居心地がよく様々なワークショップを開催できるように東屋と水道を設置したいと考えております。
水道があれば畑で採った野菜をそこで調理するなんてこともしやすくなるので、だいぶワークショップの幅も広がりそうです。

 
東屋建設に40万、水道設置に60万かかります。
半分はグリーンツーリズム団体への補助と自己資金でまかないますので、20万集まれば東屋が建てれて、50万集まれば水道を引けます!
お返しの品も充実しておりますので、ぜひご支援のほどよろしくお願いします!
シェアも大歓迎です!

 

詳細は以下のホームページをごらんください。
http://www.notefarm.info/blank-8