読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑と暮らそう。

野菜づくり初心者さんのための畑づくり情報室。

台風と浮気

f:id:notefarm-kagoshima:20160811062739j:plain

 

こんにちは、そーやんです。

 

今回はあることの共通点を思いついて、

ちょっと面白いなと思ったので、メモ的な感じで軽く書いときます。

 

 

あるポッドキャストで浮気の話をしてたんですよ。

旦那さんが浮気して、もうしないって言ってるけど、

信用できないって相談。

旦那さんのこと好きなんだけど、またされそうで怖いって。

 

この奥さんの気持ちわかるというか、

すごく辛いだろうなって思いますよね。

きっととても悩んでるだろうなあと。

 

んで今回、台風きたじゃないですか。

あ〜なんか似てるなって笑

 

 

 

台風って僕は自然界において、

「浄化」の役目があると思うんですね。

それは滞りを解消する力。

 

人間でも血がドロドロになって、

気の巡りが悪くなってたら病気になるように、

自然界も常に流れていること、

スムーズに循環していることが

健やかな環境を保つために大切になります。

だから台風はその滞りを破壊するのです。

 

自然界は絶えず流れているからこそ

常に新鮮であり、豊かであり、生き生きとしているのだと思います。

 

僕らは台風を災害として捉えていますが、

台風などの浄化の仕組みが自然界にあるからこそ、

この地球がみずみずしく美しく保たれているといえます。

ついそれを忘れてしまうんですけどね。

 

 

ほいで、なんでそれと浮気が似てるのかってことなんですが、

浮気そのものというよりも、

浮気をされたことで奥さんの中には感情の嵐が渦巻いてると思うんですよね。

 

浮気自体は別にきっかけでしかない。

その奥さんの中に滞っている感情があったから、

その嵐は浄化のためにやってきたのだと思うのです。

 

その方の中に眠っていた本音、本当の声を呼び覚ますために、

気づかないように、見て見ぬ振りをしていた感情を呼び起こすために、

その嵐が自分の中で起きているのだと思います。

 

だから浮気どうのこうのということよりも、

そのことに気づいていく必要があると思います。

浮気されたことで自分の中にどんな感情が沸き起こっているのか。

旦那さんに本当は何を伝えたいのか。

自分は本当は何を望んでいるのか。

 

それを知るためにその出来事は起こっているのだと思います。

だからやっぱり二人でよく話すことが僕は大切だと思います。

論理的、理屈的、表面的に話すのではなく、

自分の中に沸き起こっている感情にスポットを当て、

その感情を辿って、

自分の中の本当の声に耳を澄ましていく。

 

感情を見ていくから感情的になってしまうこともあるけど、あくまでも建設的に。

ほんとうは自分はどうしたい?

どう生きたい?

パートナーとどういう関係になりたい?

 

感情的になりすぎてどうにもならない場合は、

客観的に相談にのってくれる方に相談するのがよいと思います。

 

それも「どうした方がよい、こうしたらよい」とかいうアドバイスをくれる人といよりも、

その人の感情、想いに寄り添い、

奥に眠っている本当の声、本当の想いに気付かせてくれるような人がよいと思います。

 

 

僕もそういう人に相談したいし、

そういう風に寄り添える人になりたいなあ。