読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの畑屋のおと〜自然と人が仲良く暮らすための畑づくり〜

自然と人が仲良く・調和して暮らすための生きた知恵・技術・情報を追求していきます。

土作りにはどれくらい時間がかかるのか。短縮するにはどうするか。その①

初心者向け自然農講座 土づくりのこと

f:id:notefarm-kagoshima:20161216073211j:plain

 

自然な形で、つまり化学肥料などを用いずに野菜づくりを始めた際に大きな壁の一つとなるのが、「土づくり」にかかる時間だと思います。

 

なぜなら野菜づくり初心者の人が、一年目からある程度野菜が採れないと、面白くなくて続かなかったりやめてしまったりするから。

やはり人の手あってこその畑であり、人の意識が通うからこそ野菜たちも元気に育つので、モチベーションは大切です。

 

化学肥料などの即効性のある肥料を使う場合は、特に野菜が大きくするための時間はさほどかからないと思いますが(質や持続性の問題は別として)、そうでない場合、満足な野菜ができるまでには結構な時間がかかると言われています。

 

十分によくできた土とはどういう状態か

個人的には、一般家庭で食べるほとんどの野菜が十分に収穫できるレベルまでなったらと思っています。

特に一般的に肥料なしでは作れないと言われている茄子、きゅうり、トマト、ピーマン、キャベツ、白菜、玉ねぎあたりが満足にできるレベルであれば十分と言えるのではないでしょうか。

僕が研修を受けていたところは、二十年以上自然農でされていたところですが、僕ら素人が管理していても、これらの野菜が十分にできてしまうような土でした。

少量の油粕や米ぬかを時々補う程度でできていました。

 

普通の農業であれば、これらの野菜は必ず作る前に堆肥を入れないとできません。

作物にもよるし、農家さんによっても全然違いますが、一般的には一年に10a(1000㎡)あたりに2tの堆肥と言われています。

 

 

 

f:id:notefarm-kagoshima:20161216073230j:plain

 

土ができるまでどれくらいかかるのか。

土ができるまでの時間は、当然ですが、もともとのそこの土の状態で全然変わってきます。
耕作放棄地なのか、化学肥料などを使っていたのか、肥料をどれだけ使っていたのか、土質、水はけはどうなのか。

 

一般的に自然農では、十分な土ができるまでに4~5年はかかると言われています。

これは土の中に何も入れず、畝の上から油粕、米ぬかをたまに薄くまき、そこに生える草を刈って敷くを繰り返すやり方でという意味です。

だいたい一年目はサツマイモや、豆類、根菜類などの作りやすいものから始めて、土の状態に合わせて作物を年々変えていきます。

 

ただ耕作放棄地など長年耕作されていなかったところは、比較的これよりも早くできると思います。

 

実体験としては

実体験としても、耕作放棄地を開墾したところは一年目からよくできました

ただ、土作りとは少し話が変わりますが、ここの畑の三分の一くらいは2年目にチガヤという草が急に茂りだし、その部分は野菜がとても作りにくくなりました。

これは僕が草刈機で地表を何回も刈っていたために、成長点が根元にあるチガヤのみが生きやすい環境を作ってしまったことが一つ原因にあると思います。

面積が広くて、手で刈るのが億劫だったので、時間がないときは草刈機をよく使っていました。

よって管理の仕方によっても、土のでき方、畑としてのでき方のスピードは変わってくると思います。

 

今まで耕作していたところは逆に、一年目は残留肥料によってよくできたけれども、二年目三年目にあまりできず、四年目あたりからまたできるようになってくるという話も聞きます。 

 

実体験としては、有機農法で長年使用していた土地では、一年目は確かに思っていたよりよくできました。

ただ作物の成長スピードは有機肥料を入れている場合よりも遅かったです。

特に茄子のような大型の多年草は顕著に初期生育が遅く、途中からは急激に大きくなりました。

初期段階は肥料分が少ないので、根を伸ばすのに時間をかけているのかもしれません。

これが本来の生育の仕方という可能性もあるなと思っています。

この畑の場合は、三年目に急激に土の団粒化が進み、ある程度理想の土の状態になってきていました。

2〜3年目は全然野菜ができなくなるとまで言われたこともありましたが、ここの場合はそんなことはなかったです。

 

次回予告

 今回はとりあえず以上で、

次回は時間をかけて何が土の中で行われているのか。

この土作りの時間を短縮するにはどうしたら良いのか考察していきたいと思います。

 

 

人と植物のコミュニケーションの可能性

f:id:notefarm-kagoshima:20160604112923j:plain


こんにちは、そーやんです。

今回は植物と人のコミュニケーションについて少し。

個人的にもとても興味のある研究テーマですので、シリーズ化していくと思います。

 

まず、そもそもの研究の最終目的はこちらです。


人と自然が仲良く調和した社会づくりを考えた時に、植物とのコミュニケーションは欠かせないと思っています。

彼らとの共感なしに仲良くなれることはないと思いますので。

 

〜植物に意識や知性があるのか〜

今まではそもそも植物に意識や知性、精神といったものがないと一般的にはされていたので、このコミュニケーションをどう取るかということを考える人は相当少ないと思います。

しかし、近年の研究でも植物にも意識や知性があり、私たちの意識や言動の情報をキャッチしているということがだんだんわかってきているようです。

普段から植物や野菜と接している人は、何気なく話しかけたりなど当たり前のように行なっているので、感覚的には受け入れやすい事実かと思います。

 

個人的にはそもそもこの世界のあらゆるものの源は、精神の元とも言える情報を含んだ波であり、あらゆる形あるものはそれがホログラム的に出現していると考えています。

ですからどんな物質でも複雑さはピンからキリまであれど、精神は宿っていると考えています。

アニミズムの考え方に近いかもしれません。

 

そして何より畑に立って、植物たちと接していると、体感的にも意識があることを感じています。 

 

〜植物との会話〜

今年に入ってなぜか急に周りに植物と話せるとか、声が聞こえるという人に会うようになりました。

5〜6人くらいなのですが、全て女性です。

女性の方が波長が合いやすいのでしょうか。

 

個人的には羨ましい限りです。

彼らがどんなことを考えているのか興味しんしんです。

まずは彼らに話しかけることが大切で、話しかけていると人の言葉を覚えやすいらしいです。

僕もそれを聞いて、人がいない時にやってみています。

興味のある方はぜひやってみましょう。

 

 

僕はまだ会話はできませんが、それ以外の方法で彼らと言葉なきコミュニケーションができるようになりました。

誰でもできる簡単な方法です。

無意識にみんながやっていることです。

それはまた次回書きますね。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

☆ ★ メルマガ情報 ★ ☆

より詳しい 暮らしの畑屋のおとのイベント情報や、記事が読みたい方は、ぜひメルマガに登録されてくださいませ。 

暮らしの畑屋のおとのメルマガお申込みフォーム

 

 

☆ ★ イベント情報 ★ ☆

畑屋そーやんのお話会

□12月15日 11:00~12:30 @チチビスコ
テーマ:「野菜の種はどこでどうやって作られているの?」

いよいよ明日となりました!
飛び込み参加も大歓迎☆

詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/1620299958274933/



□12月19日 19:00~20:30 @チチビスコ
テーマ:「野菜の細根は実は微生物のかたまり!?」

植物には根っこがついていますが、
真ん中の太いの以外は、じつは根っこではなく、
菌糸と呼ばれる糸状の菌のかたまりなんです!

そして植物と菌は、持ちつ持たれつの共生関係なのだそう。

菌のはりめぐらせてくれたネットワークで、
植物同士がやりとりするーーーそんな世界が
最近の研究で明らかになってきています。


このお話会では、
その菌たちについて詳しくお話するとともに、
植物と菌たちの共生関係を最大限に生かした
野菜づくりの仕方をお伝えしたいと思います。

詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/352940771729096/




□12月21日10:00~11:30 @aono gallery(吉野町3095-252)
「からだが喜ぶ布ナプキンの魅力」お話会

布ナプ歴10年になる暮らしの畑屋のおとのMaiが
はじめてさん向けのお話会を開催いたします。

布ナプキンって実際のところ
どんな感じなの?
?がいっぱいな布ナプキン
わたしの経験談や豆知識を織り交ぜながら
使い方をわかりやすくレクチャーいたします。

自分は使っていないけどこれから初経を迎える
娘のために聞いてみたい!というお母様方にも
おすすめです。

自然食品店やさい村の角屋敷浩太さんとのコラボ企画で、
当日は女性なら知っておきたい経皮毒についてのお話も聞けます。

詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/1195833807154110/

 

ビニールマルチ、草マルチ。それぞれのメリット、デメリット

f:id:notefarm-kagoshima:20160611161454j:plain



こんにちは、そーやんです。

 

今回はマルチについて少し。

次年度の畑の寺子屋では、原則としてビニールマルチを使用するのをやめ、草マルチ方式を採用することにしました。

 

一般的にビニールマルチを使用するメリットとしては、

◯草が生えてくるのを防げるため、草の管理が楽。

◯保湿、保温。

◯土の風化、流出を防ぐ。

◯土寄せの必要がなくなる。

などがあると思います。

 

主に初心者の方、あまり畑に来れないという方にとって、とても役に立つものです。

 

そして、デメリットとしましては、

◯雑草が生えないことで、土のバランスに偏りが出る(連作障害につながりやすい)

◯雑草が生えないことで、土中の菌糸ネットワークが作られにくい

◯景観が悪い(個人的なものですが)

 

などがあると思います。

 

f:id:notefarm-kagoshima:20160611161420j:plain

 

ビニールマルチを草マルチにした場合のメリットは、

◯連作障害が出にくい

◯土中の菌糸ネットワークを育てられる

◯積み重ねた草が天然の堆肥となる

◯ビニールマルチを買わなくてすむ。ゴミが出ない。

◯柔らかい植生に変化していくので、長期的な視点で見れば草の管理は楽になっていく。

◯景観的に良い

 

 

であり、主に草や微生物を活かした土作りが行えることで、肥料に頼らずとも野菜づくりを行っていけることが学べるという大きな利点があります。

これらの自然の力を利用していくことが畑づくりの醍醐味の一つだと思っているので、草マルチを使用していくことにしました。

ビニールマルチの使い方は本を読めばわかると思いますし。

 

肥料やマルチを使用して作る方法も便利ですが、それらに依存せずとも作れる方法を知っておくと応用が効きやすく、長期的な視点で見るとメリットはたくさんあります。

肥料に頼る癖がつくと、どうしても作物が育たないときに、その解決策として肥料の種類を変える、肥料の量を増やすという選択肢しか取れなくなりますので、自由度を広げるという意味でも知っておくと面白いです。

 

ただ草マルチの場合は、どうしてもちょこちょことした手間がかかります。

長い間、ほっとくとやはり野菜が草に覆われるということになってしまうので、手間をかけられる範囲、頻度、時間を考えておき、余裕を持って接することが大切となります。

 

また個人的には景観の良さ、居心地の良さをとても大切にしています。

それを考えると圧倒的に草マルチの方が、畑の見た目と居心地の良さが変わるので、個人的にとても好きなやり方です。

 

 

それぞれのメリット、デメリットを把握し、世話をする人のライフスタイルに合わせた形でこれらを利用していくことをおすすめしています。

何よりも大切なことは、継続して楽しみながら畑づくりをしていくことだと思いますので。

 

その中で新しい選択肢を提供していくという意味で、草マルチのノウハウ・知恵を発信できれば良いなと思っております。

 

 

 

H27年度 畑の寺子屋カリキュラム(予定)

畑の寺子屋

f:id:notefarm-kagoshima:20160604112915j:plain

 2月から始まる畑の寺子屋では、座学の内容を一新し、充実させていきます。

コースにより座学の内容、深さが変わりますので、コース選びの参考にされてください。


全てのコース
◯暮らしのための畑づくりを楽しむコツ、確実に成長する畑づくり

 ▶︎家庭菜園を始める方によく聞く失敗は、途中で手が回らなくなったり、野菜が育たない理由がわからなくて続かなくなるということです。特に自然農や有機農法などについてはまだノウハウが一般に知られていないため、失敗しやすいです。これらの方法で畑作りを行なっていくためには、続けやすくするコツと、確実に積み上げていく畑作りが必要になってきます。

 

◯一生役立つ自然な野菜づくりの超基本知識

 ▶︎そもそも野菜を育てるってどういうこと?そもそも自然界ではどうやって植物は育つの?など基本的すぎてどの野菜づくりの教科書にも書かれていないこと、なのにとっても重要なことをお伝えします。巷には様々な畑作りのノウハウ、肥料、農薬、資材で溢れていますが、これを知っていると迷いが少なく、変な道に入り込むこともなくなります。

 

◯実はとっても簡単、シンプルな理想の土づくり〜肥料に依存しない作り方を知っておこう〜

 ▶︎土作りといえば、ホームセンターで毎回肥料や堆肥を使わなきゃできない!と思われがちなのですが、決してそんなことはありません。植物、土、微生物の性質を知っていると、肥料に頼らなくても野菜が育つように土が良くなってきます。むしろ頼らなくても育つ環境が整えば、野菜の栄養価、味、健康さが格段によくなります。とってもシンプルな方法なのですが、これもコツがいりますので丁寧に説明していきます。これを知っていることで、最低限の肥料や資材で畑作りを行うことができます。

 

◯雑草を野菜づくりに利用する 〜自然派野菜づくりは草との付き合い方で決まる!〜

 ▶︎家庭菜園、特に自然な農法でチャレンジされる方が最も苦労するのが、草との付き合い方です。雑草は野菜の敵のように思われていますが、必ずしもそういうわけではなく、実はその性質をうまく利用すると、この上ない味方になってくれるのです。これを知っていると生えてくる草が全て資源なのだということに気がつきます。

          

◯野菜の特徴、性質を知っておこう

 ▶︎自然な野菜作りには、野菜そのものの力を活かすことが欠かせません。野菜はもともと世界のあちこちにあった自然界の植物を、人が食用に品種改良を重ねてきたものです。ですので、その出身地域の気候を知りその環境を再現してあげることが大切になります。またただ甘やかして育てるのではなく、時には成長を見守り、自立を促すことも重要です。

 

◯人と植物が互いに与える影響について知ろう 

 ▶︎野菜作りの中で、とても重要であるにも関わらず、語られないのが「私たちの存在が野菜に与える影響」です。近年の研究によって、私たちが触れること、意識を向けることなどによって、作物の成長、質に大きく影響を与えていることがわかってきています。また、植物、微生物、土が私たちの身体にもとても良い影響を与えてくれています。これらを知ることでより畑に立つのが楽しくなってくるでしょう。

 

 

ベーシックコース、アドバンスコースのみ

◯畑のデザインを考えよう〜どこにいつ何を植える?〜

 ▶︎種まきをする時にまず迷うのは、どこにいつ何を植えるのかです。それぞれ作物には適切なタイミング、場所、組み合わせがありますので、それを学んでいきます。また作付けの際に問題になりやすい「連作障害」について学び、なぜそれが発生するのか、発生しないような畑作りはどうすれば良いのかなどを学びます。

 

◯微生物の働きを知ろう。

 ▶︎植物は微生物と共生することによって、はじめて健康的に育ちます。これらのことは今までの農業ではほとんど考えられていなかったことで、この共生する微生物を活かす手入れの仕方をすることで、様々な恩恵が受けられることがわかってきました。

 

◯肥料、栄養素について 

 ▶︎野菜が育つのに必要な栄養素について学びます。一般的に使われている肥料・資材はどうやって作られているのか、そもそも自然界ではその栄養素はどこにあり、調達されているのか見ていく中で、効率よく自然な形で栄養素が供給される方法を考えていきます。

 

◯病気、害虫について 

 ▶︎野菜作りで悩む原因の一つが病気と害虫の発生です。なぜそれが発生するのかを知っていると、大きな視点で捉えられるので、慌てることがなくなり、イタチごっこにならずにすみます。

 

アドバンスコースのみ

 ◯苗づくりの仕方、コツ 

 ▶︎三つ子の魂百までと言うように、野菜にも「苗半作」と言う言葉があります。いかに丈夫で力強い苗を作るかで、その野菜の一生の半分が決まると言うことです。その野菜の本来の生命力を引き出す丈夫な苗作りのコツ、方法について解説します。

 

◯種について、種の採り方、保存、育種について 

 ▶︎種とりや、育種の仕方を知ると畑作りの世界が何倍にも広がります。一般的に売られている種の種類、作られ方について(固定種、F1、遺伝子組換え)や、在来品種・伝統野菜について、種の採り方、育種、保存などについて学びます。

 

◯畑の環境、状態をみれるようになろう 。

 ▶︎実際に自分で畑を作る時に、その畑がどんな状態にあるのかを自分で判断できると野菜作りのできに大きく関わってきます。畑に流れる光、風、水の読み方、植生による畑の状態診断、また土壌検査の利用の仕方、活かし方を学びます。

 

 

以上の内容は変更になる可能性もありますので、ご了承ください。

 

 

クラウドファンディング進捗状況

こんにちは、Maiです。

 

11月19日からスタートしました、
暮らしの畑屋のおとのクラウドファンディング
「あずまやを建てて水道を引きたい」プロジェクト
http://www.notefarm.info/blank-8

 

目標額500,000円のうち、
12月12日現在で
390,000円ものご支援をいただいております!

ご支援をいただいたみなさま、
本当にありがとうございます。

200,000円超えた時点で、あずまやを建てられることが決定し、
準備を着々と進めているところです。

 

 

ですが、目標額までもう少し。

 

残りの額は、現地に水を調達する資金となります。

 

現地に水を調達する手段として、
天水タンクを設置することも考えたのですが、
飲み水として提供したり、
畑でお料理ライブをしたりするのには
やや不安がありました。


また、井戸も理想的なのですが、
現場は高台なので井戸を掘るとしたら
かなり深く掘らなければならないようです。

 

そのため、水道を引き、
主に飲用水として利用したいと考えています。

(天水タンクは追って設置し、
道具や手洗い・トイレ用などに利用できたらいいなと考えてます。)

 

また詳しく別記事でご紹介しますが、

じつはこの春から

畑オープンデーを設けようと計画を進めています。

これまでは主に畑の寺子屋の参加者の方々の

プライベートスペースであったのおとファームの敷地を、

週に1日程度、広くみなさまに開放いたします。

そこではどなたでもお気軽に遊びに来ていただけて、

自由に畑で過ごしてもらうことができます。

 

デイキャンプしたり
体験用の畑で収穫したり
羽釜でごはん炊いたり
日光浴したり
コーヒー飲んだり
語り合ったり
泥んこ遊びしたり

 

 

自分の子育て経験を通じて考えてきたことがあります。

小さい子を連れてお出かけできる場所って

本当に限られているんです。

子育て支援センター、ショッピングモールだけじゃつまんない。

子供にとって整えられすぎている環境ってつまらないと思うし

お母さんたちにとってもそんなに楽しい場所と言えないのじゃないかしら?

公園はまあまあいいけれど。

だからといって、

お家にお母さんと子どもだけで向かい合っていても

気が詰まるんです。

やっぱりどんどん外に出ていった方がいい。

 

わたしは、自分の子育て経験から

上の子の時は

ごめん、他の手段がない!仕方ないから畑に連れてくね!

というスタンスで、

小さな時から畑で遊ばせていました。

 

こんな感じ↓

f:id:notefarm-kagoshima:20161212134156j:plain

 

歩き出すとこんな感じ↓

f:id:notefarm-kagoshima:20161212134143j:plain

 

わたしの中ではこんな子育てではダメなんじゃないか?と

悩みながらの選択でした。

でも、たくさんの人から「それがいいのよ!」

「なんて理想的な子育てなの!」と言った言葉をかけていただき、

二人目の子をまた別の感じで育てた経験もあり、

やっぱりこういう子育てはいいな〜と改めて考えるようになりました。

 

こんな場所を畑とか泥んこ遊びさせてあげたいと思っている

お母さんたちに提供できたらいいなあと

少しずつ考えるようになってきました。

 

本当に子どもって

土に触っているともくもくと遊びます。

慣れも必要かもしれないけれど

ずっと構ってなくても大丈夫で、

お母さんたちもリラックスできる気がする。

 

子供たちが能動的にワクワクしながら

大自然に抱かれている間、

お母さんたちは

自分自身の好奇心とか興味とかがワクワク湧いてくるような

ワークショップを開催したりしたいです。

 


でもね、水は欲しい。

子供の手を洗ったり足を洗ったり、

(写真では土だらけの手と足で干し芋食べてますが(苦笑)

できれば洗いたかった)

お母さんたちがリラックスしてもらうためにもお茶はすぐ飲めるようにしたいし、

もっと言えば、お昼やおやつの心配せずに

例えばごはんとお味噌汁、そしてお漬け物だけでも

そこで食べられたら嬉しいし

(授乳中のお母さんはお腹が空くんです!)


そのときに、

みんなにとって自由に安心して使える水があるといいなーと

切実に願っています。

 

 


クラウドファンディング終了まで
残り一週間となりました。

シェア&拡散していただけると嬉しいです。

どうぞ、みなさまよろしくお願いいたします。


クラウドファンディング特設ページはこちら↓
http://www.notefarm.info/blank-8